治療のために食事を改善する

>

タンパク質も毎日摂取しよう

魚料理のレシピを勉強する

いつも魚を、焼くだけになってしまう人が見られます。
自分で調理するのが面倒なので、魚を食べる頻度が少ないかもしれませんね。
缶詰なら、開ければそのままでも食べることができるので魚不足を解消できるでしょう。
さらにアレンジすることも可能なので、魚の缶詰を使ったレシピを調べてください。
ツナとワカメを和えるだけで、簡単なサラダの完成になります。

ツナが入っているので、野菜だけのサラダに比べて満足感があるでしょう。
サバやサンマの煮物を、野菜炒めに入れても良いでしょう。
缶詰に味が付いているので、余計な調味料を入れなくても大丈夫です。
缶詰を使うことで、簡単に作れるという部分がメリットです。
時間がない時にも役立つレシピですね。

脂質の少ない肉を活用しよう

鶏むね肉を柔らかくするコツは、下ごしらえの時に肉の繊維をしっかり切ったり、じっくり調理することがコツになります。
すると鶏むね肉でもパサパサしないので、おいしく食べられるでしょう。
鶏むね肉を低温で茹でて、ハムを作るのも良いですね。
サラダに載せると、それだけでおかずになります。
糖尿病の治療をしている時は、脂っこいものを控えなければいけません。

ですが、唐揚げを食べたくなる時があると思います。
鶏むね肉はもも肉に比べて、脂質が少ないので唐揚げにしても、治療に悪影響を与えません。
唐揚げを食べる時は、おろしポン酢をかけると良いですね。
すると油を使った料理でも、サッパリといただけます。
時々は好きなものも食べて、ストレスをなくしましょう。


この記事をシェアする