治療のために食事を改善する

>

糖質の少ない主食に変える

野菜も一緒に食べること

主食だけで食べると、糖質の過剰摂取になりますし、血糖値が急上昇してしまいます。
必ず野菜も一緒に食べてください。
糖質が含まれていない麺でパスタを作る時は、ナポリタンがおすすめです。
ナポリタンには野菜がたくさん入っているので、野菜不足を解消できます。
全粒粉パンを使って、サンドイッチ作っても良いですね。

サンドイッチにレタスやトマトなどの野菜を挟めれば、主食と一緒に野菜も摂取できるので健康的です。
糖質が含まれない麺や全粒粉パンは、おいしくないと思っている人がいるでしょう。
ですがしっかり味をつけて、野菜と一緒に食べれば普通の主食のように食べられます。
食物繊維が豊富な主食を食べて、血糖値を下げる努力をしましょう。

炊き込みご飯を作ってみよう

玄米でも、炊き込みご飯にすればおいしく食べられるので作ってください。
炊き込みご飯には、野菜をたくさん入れましょう。
トウモロコシやソラマメ、ゴボウなどの野菜を一緒に入れるのがおすすめです。
そして、よく噛んで食べることが大事です。
噛むことで満腹感を得られるので、少ない食事でも大丈夫です。
噛まないといつまで経っても満腹にならないので、食事量が増えてしまいます。

炊き込みご飯に、サンマやホタテなどの魚介類を入れても良いですね。
さらに食べ応えが増すので、おいしくいただけます。
具をたくさんいれることで、調味料の量を減らしてもしっかりと味がつきます。
具材を変えることで、毎回異なる味を楽しめる面もメリットです。


この記事をシェアする